玉突き事故に巻き込まれた時の話

私が今までで経験した最も大きな自動車事故、それは玉突き事故に巻き込まれたことです。


見通しの良い国道を運転していた時の話です。前方の信号が赤に変わったのが見えたのでアクセルと緩め、ブレーキをかけ始めたその時、後ろからものすごい衝撃がやってきました。とっさにブレーキペダルを踏み込んだのですが、衝撃の勢いで前のワンボックスカーにそのまま衝突しました。


結果、3台の玉突き事故のちょうど真ん中に挟まれる形となりました。

ぶつけられたショックとぶつかったショック、もう私の頭は何がなんだかわからなくなり、過呼吸のようになりながらとりあえず車から降りて歩道に逃げましたが、そこで体の力が入らなくなり、倒れ込んでしまいました。

前の車が家族連れで、母親らしき人が私にブランケットのようなものをかけて何か話しかけてきたこと、誰かが携帯電話で何か話している様子が見えたのは覚えていますが、後のことはうすぼんやりとしていてあまり覚えておらず、気がついたら救急車の中にいました。


救急病院で一通り検査をして、特に怪我や異常は見つからず、その日はそのまま帰宅しました。

ぶつかってきた車は軽自動車で、居眠り運転が原因だったそうです。

当初、相手側の保険会社は「軽自動車がぶつかった後部の保証がこちらでするが、前の部分は私がぶつかったことが原因だから、車の前部分の保障と、先頭のワンボックスカーの保証はできない」と言っていましたが、前方の信号が赤でブレーキを踏みかけていたこと、車間距離は十分にあり、ワンボックスカーへの衝突の原因は後ろの軽自動車にあることを主張したら、最終的には全部の補償を軽自動車の保険で賄うことになりました。

おかげで経済的なダメージはなかったものの、この事故がトラウマになり、しばらくの間、車を運転しようとすると足が震えるほど怖かったです。


今はすっかりトラウマも消え、問題なく日常的に運転していますが、こちらがいくら気をつけていても事故は起こりうることを実感しました。

事故後、壊れた愛車を見たときは本当に悲しくなりました。

決して高価な車ではない、一般的なコンパクトカーだったのですが、初めて自分のお給料を貯めて買った車だったので思い入れがあり、あちこち行った思い出が蘇ってきてなんとか修理してもう一度乗りたかったです。

ディーラーにはなんとか修理できないか、とお願いしてみましたが、全損だから無理、とのことでした。

この事故でけが人が出なかったことは不幸中の幸いでしたが、事故は被害者も加害者も悲しい想いをするだけです。免許をとって20年、ゴールド免許を保持していますが、決して慢心することがないように心がけていこうと思っています。

【全損】時価額請求の判例まとめ

納得のいかないT字路で事故

以前、T字路で交通事故にあい私の車は廃車になってしまいました。また、過失割合も私が8と納得のいかない結果になりました。

その日、私はT字路を左折するため、一時停止をし左右の確認をしていました。右から1台の車が来るのがみえていましたが、まだ距離があったこと、また左折のウィンカーを出していたこともあり、私は発信し左折しました。すると、横から衝撃を受け私の車はガードレールを超え畑へと落ちてしまいました。

さすがにまずいと感じましたが、自分には痛いところも無く、何とか車を降りることができました。しかし、車は見るも無残な姿になってしました。

すぐに、相手のもとへ行き、お互いの怪我の具合等を確認。両者ともに怪我がなかったので警察に連絡しきてもらいました。その間、お互い特に話すことはありませんでした。警察が来て、個々で状況の説明をおこないました。私もしっかりと、距離があったこと、ウィンカーが出ていたことを告げました。

また、相手の車の左前に傷があったことから、私が突っ込まれたと説明しました。しかし、警察からは驚きのことを言われました。

それは、まずウィンカーについては、あくまでも曲がるという合図にすぎないので、事故にはあまり関係ないかもしれないということでした。

さすがにカチンときて、だったらウィンカーの意味ないし、出す必要ないじゃないかと言いましたが、警察はそういった意味では...という感じでした。また、私の方の道が一時停止側だったこともあり、優先は相手の車だから、少し分が悪くなりそうとも言われました。

とはいえ、警察にあーだこーだ言っても埒が明かないので、お互いに話、保険会社を通して示談していく方向にしました。

翌日には、保険会社から連絡が入り、警察の際に話した状況を事細かに伝えました。それから、相手の保険会社と話し合うということを告げられ、1週間程待ちました。そして、電話が入りましたが、過失割合で私が8という訳の分からないことを言われました。頭の中はパニックになってしまい、どういうことか説明を願いました。

すると、警察と同じく、ウィンカーは合図、一時停止側の自分がどうしても悪くなるなど言われました。30分程度、それはおかしいと言いましたが、結局諦めました。

結局、私の車は廃車になってしまい、手元には相手の保険会社から支払われた、20万そこそこのお金しか残りませんでした。新車を購入するわけにもいかず、それから半年ほどは車無しの生活を余儀なくされました。

物損事故で警察に届けないで示談した場合の問題とは

物損事故を起こしてしまったけど、警察に届けずに、ぶつけてしまった方が車の修理費を支払って終わりにすることもあるかと思います。こういう場合は、あとからトラブルになる場合があるから注意が必要です。

■事故が起きて警察に届けない場合のトラブル

物損事故が起きて、警察に届けないと事故証明がもらえません。事故証明がないと、後で被害者に後遺症が出てしまった場合などにも保険を利用することができなくなります。

また、被害者に後から高額な修理費を請求されてしまう場合もあります。あまりに高額な修理費を請求されると困りますよね。そのようなトラブルを防ぐためにも物損事故を起こしたら、すぐに警察と自動車保険会社に連絡しておきましょう。個人でのやりとりは、トラブルのもとになるから注意しましょう。

■物損事故でも警察に届けよう

物損事故だと車の修理費を加害者が被害者に支払うだけで解決するから、警察に連絡しない場合もありますが、物損事故でも警察にきちんと連絡しましょう。警察と保険会社に連絡をしましょう。

保険を使わない場合でもいちよう連絡を入れて、支持に従いましょう。警察に連絡するのに抵抗を感じるかもしれませんが、警察は、事情を聞いたり事故証明を発行してくれたりして事故を確認してくれるから、後でトラブルになったときも安心です。警察に連絡して事故の内容をしっかり確認してもらいましょう。

■物損事故の加害者になった場合

物損事故の加害者になった場合は、被害者の車の修理費を支払わなければいけません。保険を使用すると等級が下がるから保険を使用したくない場合でも保険会社に連絡を入れておきましょう。

保険を使用するかしないかは、その後相談して決めていきましょう。とりあえず、保険会社に連絡して、修理費の見積もりが出てから、保険を利用するか決めることもできます。修理費が安い場合は、保険を利用しないほうが、その後の保険料がアップしないから得になる場合もあります。

修理費が高額になる場合は、保険を使用した方がお得です。保険を使用しないかもしれない場合でも警察や保険会社に連絡して何かあったときに困らないようにしましょう。

物損事故の場合、加害者が被害者に修理費を弁償することで警察に連絡しない場合がありますが、後からトラブルになりやすいので、自分たちで解決しないで、きちんと警察や保険会社に連絡するようにしましょう。後から多額の修理費を請求されてしまうトラブルもあるから注意しましょう。

社用車を乗り回す嘘つき外国人労働者との事故

外国人労働者が多く安倍さんが外国人労働者を受け入れるという話を聞いて愕然とした。


愛知県豊田市の実家に住んでいた時の話だがここは外国人労働者が多く今後の日本の姿に近い環境と言える。


職場まであと500Mの交差点、2レーンある左帯のうち右側を走行中の私の車に直進し衝突。突然の衝撃に困惑したが車を降りて何が起きたのかはわかった。


左 側の左折専用レーンを無理に直進し衝突した。信号待ちの時点でウインカーを出していたしそもそも直進できない表示がされていた。車を安全なところに移動させて話を聞いてみるとなんと、社用車を運転していたのは中国人女性であった。部品メーカーの外国人労働者であった。


話を聞くといつもこうしているから問題ないと話す。警察との処理が終わると話が一転、私も左折しようとしたとかぶつけられたとかおぼつかない日本語で説明を受ける。話にならないので社員(日本人)を呼んだが、本人の話を鵜呑みにして話にならなかった。事故直後の写真を撮っておかなかった事を後悔した。


私は問題なく運転していただけなので保険を使う気はさらさらなく、個人で対応をしていたが、日本語が通じない、会社も言うことを聞かない。相手の保険会社もそれに従うと完全に不利な状況に陥った。過失割合は当方が7割だと言ってきた。


ここでようやく保険会社に連絡したのだが、そこで驚いた。「過失なしになるかも知れません」その場合でも保険は上がらない設定とのことだ。

弁護士相談まで話が進んだが保険会社を通すと対等な立場になり0割でことがすみ保険料も値上がりしなかった。過失割合7割そ鵜呑みにする会社とその保険会社に対して個人で戦っていたら30万の出費になっていたと考えると恐ろしい。


その後のその中国人労働者がどうなったかはわからないが私なら本国に返すかタダ働きを強いることになっていただろう。


労働不足が叫ばれているが外国人労働者受け入れが増える一方、今まで普通だと思っていた常識やモラルが通用しない世の中が待っていると経験から断言する。

当方の車にもドライブレコーダーがついていたが後ろに当てられたため一切写っていなかった。自己中心的な嘘つきは日本にも多くいるしよくある話だと思われるかも知れないが今回であったのはその上をいくツワモノであった。

モラル低下の今後のことを考えるとフロントもリアも記録できる高額なドライブレコーダーを買っても今回の苦労を考えると安く感じてしまう。